主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】

ヨハネ19:30

【タイトル】

十字架上の主の7つの言葉(6)「完了した。」

【本論】

 イエス様は十字架の上に架けられて6時間後、もう間もなく息が絶えようとするとき、「わたしは渇く。」と仰った。その言葉を聞き、そばにいたローマ兵は酸いぶどう酒を海綿に含ませ、ヒソプの枝に付けてイエス様の口に差し出した。

V28~Ⅴ29:「この後、イエスは、すべてのことが完了したのを知って、聖書が成就するために、『わたしは渇く。』と言われた。そこには酸いぶどう酒のいっぱい入った入れ物が置いてあった。そこで彼らは、酸いぶどう酒を含んだ海綿をヒソプの枝につけて、それをイエスの口もとに差し出した。」

 「酸いぶどう酒」とは、過度に発酵はそれを飲料水として飲んでいた。だから、これは文字通りのぶどう酒ではない。またこれは、イエス様が十字架に付けられる時に、ローマ兵がイエス様に飲ませようとした苦みを含んだ葡萄酒のことでもない。当時、刑を執行するローマ兵は、十字架に釘づけられる者に苦痛がないようにと、麻酔効果のある苦みを混ぜた葡萄酒を用いたのである。しかし、イエス様はそれを飲もうともされなかった。(マタイ27:34)イエス様は、私たちの贖いのために、罪から来る私たちが受けるべき全ての苦しみを味わって下さった。私たちはそれによって、罪の贖いを受けているのである。そのことを覚えたい。

 「海綿」とはスポンジのこと。ギリシャ語では「スポンゴス」と言う。「スポンジ」という言葉の語源である。

 「ヒソプの枝」は、ユダヤ人たちが祭りの時に使う植物で、イスラエル人たちがエジプトを脱出する時、彼らの家のかもいと門柱にこのヒソプの枝を使って屠られた子羊の血が塗られた。それによって、神の裁きからユダヤ人たちだけが守られ(神が彼らを過ぎ越され)、エジプト脱出につながったのである。そのために用いられた枝です。だから、この枝には重要な意味がある。

 このようにして、イエス様はローマ兵から差し出されたヒソプの枝に付けられた海面から水を飲まれ、そして「完了した。」と言われた。今日は、そのようにして言われた「完了した。」と言う言葉の持つ意味を見て行きたい。そこには2つの意味がある。

【本論】

(1)イエス様御自身の「贖い主」としての救いのみわざの完了を告げる言葉である。

 イエス様は自ら人々に、「わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。(罪人を救うために来たのです。)」(マタイ9:13b)と言われた。またイエス様はある時、弟子たちが語った「あなたは、生ける神の御子キリストです。」という信仰告白に対し、次のように語られたと言う。「その時から、イエス・キリストは、ご自分がエルサレムに行って、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえらなければならないことを弟子たちに示し始められた。」(マタイ16:21)このイエス様ご自身が示された贖いのみわざを、イエスご御自身が今まさに完了されようとしているので、「完了した。」と語られたのである。