Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ヨハネ16:33:「わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、

 あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世に

あっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに

世に勝ったのです。」

【タイトル】

「しかし、勇敢でありなさい。」

【前置】

 今日はこの個所から、今日私たちが直面している大変な状況の中で、聖書は何を私たちに語っているか、そのメッセージを受け取って行きたい。

 

【本論】

 聖書は、私たちが今直面しているような状況、それを患難という言葉で表現している。抄訳聖書では、試練、困苦、挫折という言葉で説明されている。聖書は、そのような患難は今の世にあって私たちには「あるのだ!」ということがはっきりと語られている。コロナウィルスに感染するのではないかという恐れ、その果ては死に対する恐れ、こんな状態がいつまで続くのかという不安、日本の国の経済や私たちの生活に対するダメージ、そんな中での精神的なストレスや困苦というものはあって欲しくないが、しかし、「あるのだ」ということが語られている。しかし一方聖書は、私たちに対して「しかし、勇敢でありなさい。」と言う。ここに第一のポイントがある。

(1)世にあっては患難がある。しかし、勇敢でありなさい

 この「世にあっては患難がある。しかし、勇敢でありなさい。」とはどういうことか?私たちはイエス様を信じているから患難にあわない、コロナウィルスにも罹ることはないと勇敢に思えということではなく、「あなたがたは、世にあっては患難があります。」と言っているのだから、クリスチャンでも患難にあう。しかし仮令あっても、「しかし、勇敢でありなさい。」と言うのです。

 この「勇敢でありなさい。」は、抄訳聖書では「元気でいなさい。勇気を出しなさい。堅く信じ、確信を持ち、臆せずにいなさい。」となっており、原語のギリシャ語では、「サルソー」という言葉で、「しっかりしなさい。勇気を出しなさい。自信をもって喜んでいなさい。」ということです。 だから、まとめるなら、「恐れないで、大丈夫だから、心配しないで、確信をもって、信仰を保ちなさい。」ということである。

 ここで、この患難と重なる、イエス様の再臨に伴う終わりの時代の最終的な患難について語られたイエス様の言葉を見てみたい。

マタイ24:1~13:「…。『お話しください。いつ、そのようなことが起こるのでしょう。あなたの来られる時や世の終わりには、どんな前兆があるのでしょう。』そこで、イエスは彼らに答えて言われた。…。また、戦争のことや、戦争のうわさを聞くでしょうが、気をつけて、あわてないようにしなさい。これらは必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々にききんと地震が起こります。(ルカ21:11では、「疫病」が加わっている。)しかし、そのようなことはみな、産みの苦しみの初めなのです。…。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われます。』」

 ここでもイエス様ははっきりと、この世は終わりの時を迎える。それに伴っていろいろな出来事が起こる。しかし、それで終わりが来たというわけではない。だから「気をつけて、あわてないようにしなさい。」(Ⅴ6)と言い、そして結論として「最後まで耐え忍ぶ者は救われます。」(Ⅴ13)と言うのです。

 これが、今日の聖書箇所であるヨハネ16:33で言うならば、「あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。」と言うことである。「恐れないで、大丈夫だから、心配しないで、確信をもって、信仰を保ちなさい。」ということです。これが第一のポイント。次に、勇敢でありながら、また私たちにはすべきことがある。

(2)福音を宣べ伝えなさい

マタイ24:14:「この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。」

 福音とは何だっただろうか?

Ⅰコリント15:1~5:「兄弟たち。私は今、あなたがたに福音を知らせましょう。…。私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。」

 福音とは、私たちの救いのためにイエス様が死なれたこと、葬られたこと、3日目によみがえられたこと。そしてそれだけではなく、その復活の後に来るイエス様の再臨と、その再臨に伴うことである。

Ⅰコリント15:23~26:「しかし、おのおのにその順番があります。まず初穂であるキリスト、次にキリストの再臨のときキリストに属している者です。それから終わりが来ます。そのとき、キリストはあらゆる支配と、あらゆる権威、権力を滅ぼし、国を父なる神にお渡しになります。キリストの支配は、すべての敵をその足の下に置くまで、と定められているからです。最後の敵である死も滅ぼされます。」

 イエス様の再臨があり、それとともに最後の敵である死は滅ぼされると言う。これが福音です。今日のコロナウィルスに対する恐れというのは、もしかすると死ぬかもしれないという恐れかもしれない。しかし聖書は、この世における死よりももっと恐ろしい死があると言う。それは永遠の滅びという死です。イエス様は再臨により、その永遠の滅びである死を滅ぼすと言うのです。

マタイ16:26:「人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。」

 永遠の滅びである死を免れて「まことのいのち」を得なければ、仮令、コロナウィルスの感染を免れても、それは何にもならないというのです。そして、「まことのいのち」を得るにはこの福音を信じなければならない。だから私たちはこの福音を語らなければならないのです。次に、

(3)祈りをすること

Ⅱ歴代誌7:13~14:「もし、わたしが天を閉ざしたため雨が降らなくなった場合、また、いなごに命じてこの地を食い尽くさせた場合、また、もし、わたしの民に対して疫病を送った場合、わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求め、その悪い道から立ち返るなら、わたしが親しく天から聞いて、彼らの罪を赦し、彼らの地をいやそう。」

 これはソロモンが宮を建て終え、神様にささげた祈りに対して答えられた神の約束の言葉です。私たちは今、コロナウィルスによる脅威という患難の前で立ち尽くしている。だから私たちは、その患難から救ってくれる神に祈らなければならないのです。神は私たちに対して、「わたしの名を呼び求めているわたしの民がみずからへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求め、その悪い道から立ち返るなら、わたしが親しく天から聞いて、彼らの罪を赦し、彼らの地をいやそう。」(Ⅴ14)と言われるからです。神は今このとき、このような祈りを求めておられる。

※だから、祈りましょう!ダニエルようにも(ダニエル9章)。ソロモンのようにも。イエス様のたとえ話に出て来る主に憐れみを求めた取税人のようにも(ルカ18:13)。またイエス様のようにも(ルカ23:34)、へりくだって、主の憐れみを求めよう!

―祈り―

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now