主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師


【聖書個所】

Ⅱペテロ3:10~11:

【タイトル】

「終わりの時代の敬虔な生き方(5)―今日一日を喜ぼう―」

【序論】

 今日も「聖い生き方をする敬虔な人」というテーマでみことばを取り次ぐが、この個所には、終末の時代に生きるクリスチャン、特に今私たちが直面しているコロナウィルスによるさまざまな問題(感染への、感染させてしまうのではないかという恐れや不安、死への恐れ、そして、いつまでこのように状態が続くのだろうか、そこから来る経済的な問題など)があるが、それらの中でどんな風に生きて行ったらよいのだろうかということに対する解答が明確に語られている。

 「天の万象、地と地のいろいろなわざ」、つまり、この世のすべての事物は、主の再臨とそれに続くこの世の終わりが来ると、すべてが焼き尽くされる。だから「あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」と言われているように、「聖い生き方をする敬虔な人であること」がその答えである。ではそれは具体的にはどういうことなのだろうか。今日のもう一つの主題聖句、マタイ24:42~44から分かち合って行きたい。

マタイ24:42~44:「だから、目をさましていなさい。あなたがたは、自分の主がいつ来られるか、知らないからです。しかし、このことは知っておきなさい。家の主人は、どろぼうが夜の何時に来ると知っていたら、目を見張っていたでしょうし、また、おめおめと自分の家に押し入られはしなかったでしょう。だから、あなたがたも用心していなさい。なぜなら、人の子は、思いがけない時に来るのですから。」

【本論】

 ここで語られていることは、主の再臨はちょうど泥棒がいつ来るか分からないように、いつになるかは分からない。だから、「いつ来てもよいように目をさましていなさい。用心していなさい。準備していなさい。」と言うのが、ここのメッセ―ジです。

 ホザナ吉川チャペルの鄭尊宇師が韓国の派遣教会に訪問した時の話。鄭先生が事前通知もなく訪問すると、顔見知りの兄姉がやって来て、「鄭先生、いつ韓国に来たんですか?前もって分かっていたら、鄭先生の好きな料理を沢山作ってお迎えしたのに!」と言われたそう。そう、私たちは前もって何が起こるか分かっていたら、その準備をして備えることが出来るのです。ここでは主の再臨のことについて言っているが、主の再臨にしても、今回私たちが直面しているこのコロナウィルスの問題に対しても、もし「いつ起きる」ということが予め分かっていたら、起きることを防げなくても、十分な準備をして迎えることが出来、パンデミックになることだけは防げたかもしれないのです。だから、この終わりの時代に私たちに求められている敬虔な生き方と言うのは、いつその日が来ても良いように生きることである。言い換えるなら、いつ終わりの日が来ても大丈夫という生き方を、今日することなのです。では具体的にどういう生き方があるのか、3つのポイントで。

(1)明日のことは心配しないで、今日を生きるということ。

マタイ6:29~34:「しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。信仰の薄い人たち。…。だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。」

※明日のことは心配するな。労苦はその日その日に十分あるのだから、今日のことを精一杯やって、今日を生きろということ。次に、

(2)今日やるべきことを、淡々とやって行くということ。

ヤコブ4:13~15:「聞きなさい。『きょうか、あす、これこれの町に行き、そこに一年いて、商売をして、もうけよう。』と言う人たち。あなたがたには、あすのことはわからないのです。…。『主のみこころなら、私たちは生きていて、このことを、または、あのことをしよう。』」

 何故ヤコブはこのようなことを言うのかというと、「ところがこのとおり、あなたがたはむなしい誇りをもって高ぶっています。そのような高ぶりは、すべて悪いことです。」(V16)とあるように、当時の人々が、自分の願望や欲望に従って、「自分はこれがしたいから、あれがしたいから」と、周りを顧みることなく、高ぶった生活を送っていたので、それを戒めて、「しかし、神は、さらに豊かな恵みを与えてくださいます。ですから、こう言われています。『神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。』」(V6)、また、「主の御前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高くしてくださいます。」(V10)というように、へりくだった生活をすることを勧めるために書いたものです。

 そう、主のみこころは、今日という一日を遜って、やるべきことを淡々とやって行くことなのです。平凡のように見えるかもしれないが、このことは大切である。パウロはテサロニケの教会の兄姉に対して、主の再臨のことを語りながら、このように語った。「また、私たちが命じたように、落ち着いた生活をすることを志し、自分の仕事に身を入れ、自分の手で働きなさい。」(Ⅰテサロニケ4:11)と。だから、特にこのような異常な時、落ち着いて為すべきことを行なおう!

(3)今日一日を喜んで生きること。

詩編118:22~24:「家を建てる者たちの捨てた石。それが礎の石になった。これは【主】のなさったことだ。私たちの目には不思議なことである。これは、【主】が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。」

 この詩編は、イスラエルの人々が彼らの祭りを行う時に、宮に向かって行列をして歩む時に、祭司と会衆が交唱形式で歌った歌だと言う。そしてそのテーマは、V1:「【主】に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。」とあるように、神の恵みに対する感謝の歌である。特にこの個所は、マタイ21:42:「イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、次の聖書のことばを読んだことがないのですか。『家を建てる者たちの見捨てた石。それが礎の石になった。これは主のなさったことだ。私たちの目には、不思議なことである。』」に引用されているように、イエス様が「家を建てる者たち」であるご自分の民イスラエルの民に向かい、あなたがたが十字架に「見捨てた石」である私は、私を信じるすべての人に救いを与える礎の石になったのだと、神様の恵みによる救いのみわざを歌っている歌であり、主がそれを設けて下さったのだから「この日を楽しみ喜ぼう。」と、主の救いの恵みに対して感謝をささげる歌なのである。

※だから、私たちもこのみことばに応答して、神の恵みに応答して歌おう。いろいろなことがある。でも主が設けられたこの救いの恵みを覚えて、感謝して、喜んで歌おう。アメリカのあるがんセンターによる研究発表によると、1分間の喜びと笑い、感謝により、体内に免疫システムが造られ、それが24時間継続する。反対に、一分間の怒りと不平、不満により、体内の免疫システムが壊れ、その状態が6時間続くということ。もしかすると、喜びと感謝と笑いでコロナウィルスに対抗できるかもしれない?!

賛美:「今日一日を喜ぼう!」(ゴスペル)

 そして、今日の結論ではないが、今私たちのために働いている医療者や研究者、国の舵取りをしている安倍首相を始め、地方自治体の長(大野元裕埼玉県知事、鈴木栄治(森田健作)千葉県知事、小池百合子東京都知事)のために祈ろう。それは、Ⅰテモテ2:1~2に基づく。

Ⅰテモテ2:1~2:「そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。」

―祈り―

これまでのメッセージ

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now