主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師


【聖書個所】

ルカ23:44~46

【タイトル】

十字架の上の主の7つの言葉(7)―主よ。御手にゆだねます。―

 今日は、十字架上の主の7つの言葉の7回目、ルカ23:44~46から、「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」と語られた、イエス様の十字架上の最後の言葉についてメッセージを取り次ぎます。

ルカ23:44~46:「そのときすでに十二時ごろになっていたが、全地が暗くなって、三時まで続いた。太陽は光を失っていた。また、神殿の幕は真っ二つに裂けた。イエスは大声で叫んで、言われた。『父よ。わが霊を御手にゆだねます。』こう言って、息を引き取られた。」

【本論】

 イエス様が十字架に架けられたのは、マルコ15:25によると午前9時。そして、マタイ27:45によると、12時ごろ突然暗くなり、それが3時まで続いたという。ルカの福音書では、その突然暗くなった理由を、このルカの福音書を書いたルカは「太陽は光を失っていた。」(Ⅴ45)と言いました。彼は医者だったので、日食という現象を科学的に知っていたのかどうか分からないが、これは太陽が月の影に隠れ暗くなった時の日食のことを表わしている。そう、この時、太陽はそこに存在していたが、人から見て、太陽との間に月が入ることにより、太陽の光を失ったという、まさにこれはその時の人間と神様との関係を象徴的に表しているものであった。つまり、罪が私たちと神様との間に入れば、私たちは神様を見ることも出来ないということなのです。

 罪とはそのように、神様との交わり、神様との完全な関係の断絶を表わします。

イザヤ59:1~2:「見よ。【主】の御手が短くて救えないのではない。その耳が遠くて、聞こえないのではない。あなたがたの咎が、あなたがたと、あなたがたの神との仕切りとなり、あなたがたの罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ。」

 その神様との関係の断絶、すなわち罪を、ここでは「仕切り」という言葉で表わしているが、その仕切りがあるかぎり、決して私たちは神を見ることも、知ることも、まして神のみこころである公義や公正を行ない、神に近づくことなど出来ないと、聖書は言うのです。

イザヤ59:10~11:「私たちは盲人のように壁を手さぐりし、目のない者のように手さぐりする。真昼でも、たそがれ時のようにつまずき、やみの中にいる死人のようだ。私たちはみな、熊のようにほえ、鳩のようにうめきにうめく。公義を待ち望むが、それはなく、救いを待ち望むが、それは私たちから遠く離れている。」

 私たちは、私たち自身では、私たち自分を救うことなど出来ないということです。しかし聖書は、同時にこう言います。

イザヤ59:15b~16:「【主】はこれを見て、公義のないのに心を痛められた。主は人のいないのを見、とりなす者のいないのに驚かれた。そこで、ご自分の御腕で救いをもたらし、ご自分の義を、ご自分のささえとされた。」