主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

 ハレルヤ!今日もまた、皆さんと御一緒に礼拝出来ることを感謝します。コロナウィルスの状況は依然私たちの願っているような方向には仲々進んで行かず、まだ厳しい状況の中にあるが、必ず収束の時が来ることを信じ、祈って行きましょう。

【聖書個所】

​ネヘミヤ4:1~6

​【タイトル】

​ネヘミヤ記(7)「再建工事妨害に対する心構え①」

【序論】

 私たちは人生のいろいろな局面において、しばしば思い通りに事が進んで行かないことがある。それをここでは妨害と言っているが、私たちの手に負えない原因、例えば自然災害や今回のようなコロナウィルスによる問題、また、明らかに人災的なことなど、防ぎえない試練や困難と言うものがある。そういう場合、私たちはどうしたらよいだろうか。今日はこの個所から、ネヘミヤたちがそれらの妨害に対してどのように対処したのか、そこから学んで行きたいと思う。

【本論】

V1~Ⅴ3:「サヌバラテは私たちが城壁を修復していることを聞くと、怒り、また非常に憤慨して、ユダヤ人たちをあざけった。彼はその同胞と、サマリヤの有力者たちの前で言った。『この哀れなユダヤ人たちは、いったい何をしているのか。あれを修復して、いけにえをささげようとするのか。一日で仕上げようとするのか。焼けてしまった石をちりあくたの山から生き返らせようとするのか。』彼のそばにいたアモン人トビヤもまた、『彼らの建て直している城壁なら、一匹の狐が上っても、その石垣をくずしてしまうだろう。』と言った。」

 この4章は時間的には2章からつながっている個所だと言われている。それは、2章の終わりの個所で、このサヌバラテを始めとして、この後出て来るアモン人トビヤやアラビヤ人たちが、ユダヤ人たちが城壁の再建工事をすることを快く思わないことが語られているからです。

ネヘミヤ2:19:「ところが、ホロン人サヌバラテと、アモン人で役人のトビヤ、および、アラブ人ゲシェムは、これを聞いて、私たちをあざけり、私たちをさげすんで言った。『おまえたちのしているこのことは何だ。おまえたちは王に反逆しようとしているのか。』」

 どうして彼らは反対したのか。それはネヘミヤがここに来る前まで、彼らはこの地でさまざまな利権を獲得していたが、ネヘミヤたちの城壁再建により、彼らの利権が脅かされるので、彼らは快く思わなかったのです。ところが、再建工事はペルシャの王の知るところであり、彼らは公然と反対出来ず、何とか工事が進んで行かないようにと、ネヘミヤたちの意気を挫くような非難や蔑みの言葉をぶつけることしか出来なかったのです。それらは私たちの場合にもよくあることで、人は正しく何かを行ない得ないと、妬みや偏見、意地悪い心をもって非難したり、蔑んだりするものです。そのような時、私たちはどうしたらよいのだろうか?!それは、祈りです。

V4~V5:「お聞きください、私たちの神。私たちは軽蔑されています。彼らのそしりを彼らの頭に返し、彼らが捕囚の地でかすめ奪われるようにしてください。彼らの咎を赦すことなく、彼らの罪を御前からぬぐい去らないでください。彼らは建て直す者たちを侮辱したからです。」

 私たちは非難や意地悪い言葉を浴びせられる時、相手に対して同じような反応、つまり報復をしてしまいがちです。或いは黙して我慢してしまいがちです。しかし、それでは何も解決しません。神様は私たちに対して、御自分の子供としてどんなことでも訴えて良いと願っているのです。何故なら、私たちは神の子供だからです。このネヘミヤの祈りをもう一度見てみよう。