主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

Ⅱペテロ3:11~13

【タイトル】

聖い生き方をする敬虔な者(6)「神の日の来るのを待ち望む」

 最近、コロナウィルスの問題が日本や世界を揺り動かすようになって来て、改めて思うことがある。何を思うかというと、今年の聖句であり、またテーマです。「このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」とあるが、まさに今私たちは、普段特に気にも留めずにいたが、この社会の仕組みも経済も、また私たち自身の肉体も、私たちの目には見えない直径約1万分の1mm以下の小さなコロナウィルスのような小さな生物によって翻弄され、これから私たちはどうなって行くのだろうか、この国は、この世界は大丈夫なのだろうかと、また、今にもこの国の経済も医療も崩壊するのではないかというような状態になっているのを思うと、本当に私たちは、「どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」か、と思うのです。

  だから、「聖い生き方をする敬虔な者」というのは、この終わりの時代に生きている私たちに対して、神様が「こうあって欲しい」と私たちに求めている姿のことなのです。だから今日もこの個所から、神様は私たちに何を望んでいるのかということを学んで行きたいと思う。

 神様はこの個所で、私たちに3つのことを語っている。

(1)「神の日の来るのを待ち望め」ということ。

V12a:「そのようにして、神の日の来るのを待ち望み、その日の来るのを早めなければなりません。」

 「神の日」とは、主の再臨の時と、その再臨に伴って起こる、この世のすべてのものが焼き尽くされ、消え去ってしまう「終わりの日」を指している。続けて、V12の後半を見てみよう。

V12b:「その日が来れば、そのために、天は燃えてくずれ、天の万象は焼け溶けてしまいます。」

 神様は私たちに、この世のすべてのものが崩れ去り、焼き尽くされ、消え去ってしまう、そのような「終わりの日」、「神の日」を待ち望めというのです。

 皆さん、どうだろうか?そのような日を待ち望むことはできるだろうか?築き上げて来た人間関係も、財産も名誉も実績も、何もかもが跡形もなくなってしまうというのだから、そのような日を待ち望むことは出来ますか?それだけではなく、その日が来るのを「早めるようにしなければならない」というのです。それが二つ目のこと。

(2)「神の日の来るのを早めろ」ということ。

 何故神様は私たちに「神の日」が来るのを待ち望み、また、待ち望むだけではなく、その日が来るのを早めるようにいうのだろう。この世の私たちが持っている、築いて来た私たちの財産、名声、栄誉、実績、すべてのものが消え去って行く、そのような起こる日が来るのを待ち望み、そして、その日が来るのを早めなければならないと言うのでしょうか?―その答えは?たった一つ。

※神