主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ネヘミヤ記4:7~23:

【タイトル】

「ネヘミヤ記(8)再建工事妨害に対する心構え②―恐れるな。神が戦われる。―」

【導入】

 今日は、4月26日に続き、再建工事妨害に対する心構え(2)として、ネヘミヤたちが受けた城壁再建工事に対する妨害に対し、どのような対応をして、工事の完成に向かって行ったのかについて学ぶ。それは、私たち信仰者にとって、個人々の信仰生活に於けるさまざまな試練や困難に対し、どのように対処して行ったら良いかという対処の仕方、心構えを学ぶことであり、また教会全体にとっても、教会にある3つの働き、礼拝、伝道、教えや交わりと通して弟子を作る、或いは自らが弟子になって行くという大切な働きを妨げる問題が生じることがあるが、例えば、今回のコロナの問題もその一つかもしれない。こういう問題が生じた時、それらの働きを中断することなく、どのように対処して行ったら良いのか、どのように実行していったらよいのか、という教会の形成に関する肝を学んで行くことでもある。

【序論】

 前回は、ネヘミヤたちが城壁の再建工事をしているということを聞き、エルサレムや周辺にいたホロン人のサヌバラテやアモン人のトビヤ、またアラブ人ゲシェム、その他アラム人など、ネヘミヤたちがエルサレムに戻って来る前からそこにいた人たちが、その工事を快く思わず、何とか止めさせようと、非難や蔑み、また嘲りの言葉をもって工事を妨害しようとした。しかし、ネヘミヤたちは神に祈り、それらの言葉の挑発に乗ることもなく、神に祈り、淡々と工事を進めて行ったということ。そこには「民に働き気があったからである。」(Ⅴ6)ということを学んだ。

【本論】

 今日は、V7にあるように、サヌバラテたちは、「エルサレムの城壁の修復がはかどり、割れ目もふさがり始めたことを聞いたとき、非常に怒り、彼らはみな共にエルサレムに攻め入り、混乱を起こそうと陰謀を企てた。」とある。彼らは、言葉だけの挑発行為では妨害することが出来ないと分かり、実際にエルサレムに入り、何らかのかたちで実力行使に出て、混乱を起こそうと考えたのです。

 これを、私たちの信仰生活、教会生活、教会の全体の働きに関して置き換えて考えてみるならば、私たちの神に対する信仰と、教会が主に在って健全に形成されて行くことを妨げようとする、私たちの敵であるサタンの妨害行為と言うふうに考えることが出来ると思う。そういう時、私たちはどうしたらよいのだろうか?―この時のネヘミヤたちがとった対処方法、とった行動を見てみよう。彼らは何をしたのか?

※彼らは先ず、やはり「祈った」のです。

(1)祈ること

V9:「しかし私たちは、私たちの神に祈り、…。」

 前回の学びでもそうだったが、私たちの信仰生活、教会生活、また教会全体としても、何かが起こった時、何かがあった時、先ず私たちがすることは、「祈ること」です。

 次のみことばもみてみよう。

Ⅰペテロ5:7:「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなた