主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師


【聖書個所】

Ⅱペテロ3:11、ローマ12:1~2:

【タイトル】

「聖い生き方をする敬虔な者(7)―コロナ後の私たちの生き方―」

【序論】

 緊急事態宣言が解除され、こうして集まって礼拝を捧げることが出来るようになった。本当に感謝である。しかし「あ、これで良かったな~。」と思ってもいいが、それで終わってはならない。何故なら、今回の問題を私たちが体験したということは、それ以上の意味がそこにあるからです。今日は、その意味について考えてみたい。コロナ後の私たちの生き方はどうあらねばならないだろうか?聖書は何と言っているだろうか。

Ⅱペテロ3:11:「このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだとすれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」

 この終わりの時代になると、コロナウィルスのような疫病、地震、戦争、その他、さまざまなことが起きて、やがて主の日が来ると、この世のすべてのものはくずれ落ちて無くなってしまう。だから、私たちは「どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」と言っている。これは、コロナウィルス、或いは、今後これに類するような感染病が出現した時に、それらに感染することが無いように、今回「新しい生活様式」というものが出たが、そのような「外見的な生活の様式」のことではなく、信仰者の内面的なことです。そしてこのみことばは、このようにこの世のすべてのものは崩れ落ちてしまうのだから、私たちは「もっと聖い生き方をする敬虔な者にならなければならない。」という「行ない」のことを言っているのではなく、私たちはもう既にイエス様の贖いによって「聖い生き方をする敬虔な者」になったのだから、私たちは「どれほど聖い生き方をする敬虔な者」でなければならないかという「状態」のことを言っているのである。このことを私たちはしっかりと知らなければならない。

 似た文脈で、パウロはローマ12:1~2でも同じことを言っているので、今日はそちらの主題聖句に移ってメッセージを語る。

【本論】

ローマ12:1~2:「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。」

 ここでパウロは、前節を受けて「そういうわけで」と言っているが、前節では何と言っているかと言うと、ローマ11:36:「というのは、すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです。どうか、この神に、栄光がとこしえにありますように。アーメン。」とあるように、パウロはここまでで、ユダヤ人と異邦人、そして、それぞれに関する神の選びと召命、また救いの教義について語り、そして、最終的にはそれらはすべて人知を超えた神の遠大な御計画の中にあることなのであると言っているのである。それが、Ⅴ36:「すべてのことが、神から発し、神によって成り、神に至るからです。」ということで、すべての根源が神にあって、すべては神によって保持され、そして、その意味も目的も神にあるということなのです。すべては結局、神の御手によって治められているということです。だからそれを受けてパウロは、「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」というのです。これは結局、Ⅱペテロ3:11:「聖い生き方をする敬虔な人」となったのだから、そのように生きるということと同じことです。そして、そこで協調