主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ネヘミヤ5:1~13

【タイトル】

ネヘミヤ記(9)「内なる問題への対処」

【本論】

V1:「ときに民とその妻たちは、その同胞のユダヤ人たちに対して強い抗議の声をあげた。」

 ネヘミヤの城壁再建工事が始まると、そこにいたサマリヤ人やアモン人たちによる妨害が始まった。だからネヘミヤたちは槍や剣を持ち、日夜見張りを立てながら、城壁再建工事をしていた。 するとその時、「民とその妻たちは、その同胞のユダヤ人たちに対して強い抗議の声をあげた。」とあるように、彼らの内部から抗議が始まったとある。つまり、彼らの内から工事の妨げになる問題が起こったのです。一体何が起こったのか?

V2~Ⅴ5:「ある者は、『私たちには息子や娘が大ぜいいる。私たちは、食べて生きるために、穀物を手に入れなければならない。』と言い、またある者は、『このききんに際し、穀物を手に入れるために、私たちの畑も、ぶどう畑も、家も抵当に入れなければならない。』と言った。またある者は言った。『私たちは、王に支払う税金のために、私たちの畑とぶどう畑をかたにして、金を借りなければならなかった。現に、私たちの肉は私たちの兄弟の肉と同じであり、私たちの子どもも彼らの子どもと同じなのだ。それなのに、今、私たちは自分たちの息子や娘を奴隷に売らなければならない。事実、私たちの娘で、もう奴隷にされている者もいる。しかし、私たちの畑もぶどう畑も他人の所有となっているので、私たちにはどうする力もない。』」

 工事の期間、その時どうやら飢饉もあったようで、工事をしている人々の中で、ある人たちの「食物が無くて困っている。どうしても手に入れなければならない。」との訴え(Ⅴ2)、また畑や等を持っている人たちの「食物を得るために、畑やぶどう畑、また家などを抵当に入れてお金を借り、そして食物を買わなければならない。」という訴え(Ⅴ3)、また食料のためではなく、「ペルシャの国に税金として払うお金がないため、やはり持ち物の畑やぶどう畑をかたにしてお金を借りて払わなければならない。」という訴え、中には、自分たちの息子や娘も奴隷として売り、そしてお金を得なければ生きて行けないというような訴えが為されていた。彼らは大変な状況の中で城壁再建工事に関わっていたわけだが、問題は、食物やお金に困窮しているということだけではなく、彼らが誰に対して訴えていたかということです。

 彼らは誰に対して訴えていたのか?「ときに、民とその妻たちは、その同胞のユダヤ人たちに対して強い抗議の声をあげた。」(V1)とあるように、彼らは、同胞のユダヤ人たちに対して訴えていたのです。彼らは城壁再建工事という重要な働きを行なっているのにも関わらず、彼らに、外からの妨害行為だけでなく、彼らの内からも工事を妨げるような問題が起きて来たのです。それも、同じユダヤ人同士の中で、一方が他方を抗議する、それも強い抗議の声を上げるというような、へたをすると一致が失われ、内部崩壊してしまうようなことが起きたのです。そのため、それを聞いたネヘミヤは、「私は彼らの不平と、これらのことばを聞いて、非常に怒った。」(V6)とある。誰に対して、何を怒ったのか?―それは当然、そのように抗議の声を上がる人たちに対してではなく、このように訴えをしなければならないことを起こした、その同胞のユダヤ人たちに対する怒りだった。

 この時、そのユダヤ人たちは何をしていたのか?

V7~Ⅴ8:「私は十分考えたうえで、おもだった者たちや代表者たちを非難して言った。『あなたがたはみな、自分の兄弟たちに、担保を取って金を貸している。』と。私は大集会を開いて彼らを責め、彼らに言った。『私たちは、異邦人に売られた私たちの兄弟、ユダヤ人を、できるかぎり買い取った。それなのに、あ