Please reload

これまでのメッセージ

主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

 

  ネヘミヤ5:1~13

【タイトル】

  ネヘミヤ記(9)「内なる問題への対処」

【本論】

V1:「ときに民とその妻たちは、その同胞のユダヤ人たちに対して強い抗議の声をあげた。」

 ネヘミヤの城壁再建工事が始まると、そこにいたサマリヤ人やアモン人たちによる妨害が始まった。だからネヘミヤたちは槍や剣を持ち、日夜見張りを立てながら、城壁再建工事をしていた。 するとその時、「民とその妻たちは、その同胞のユダヤ人たちに対して強い抗議の声をあげた。」とあるように、彼らの内部から抗議が始まったとある。つまり、彼らの内から工事の妨げになる問題が起こったのです。一体何が起こったのか?

V2~Ⅴ5:「ある者は、『私たちには息子や娘が大ぜいいる。私たちは、食べて生きるために、穀物を手に入れなければならない。』と言い、またある者は、『このききんに際し、穀物を手に入れるために、私たちの畑も、ぶどう畑も、家も抵当に入れなければならない。』と言った。またある者は言った。『私たちは、王に支払う税金のために、私たちの畑とぶどう畑をかたにして、金を借りなければならなかった。現に、私たちの肉は私たちの兄弟の肉と同じであり、私たちの子どもも彼らの子どもと同じなのだ。それなのに、今、私たちは自分たちの息子や娘を奴隷に売らなければならない。事実、私たちの娘で、もう奴隷にされている者もいる。しかし、私たちの畑もぶどう畑も他人の所有となっているので、私たちにはどうする力もない。』」

 工事の期間、その時どうやら飢饉もあったようで、工事をしている人々の中で、ある人たちの「食物が無くて困っている。どうしても手に入れなければならない。」との訴え(Ⅴ2)、また畑や等を持っている人たちの「食物を得るために、畑やぶどう畑、また家などを抵当に入れてお金を借り、そして食物を買わなければならない。」という訴え(Ⅴ3)、また食料のためではなく、「ペルシャの国に税金として払うお金がないため、やはり持ち物の畑やぶどう畑をかたにしてお金を借りて払わなければならない。」という訴え、中には、自分たちの息子や娘も奴隷として売り、そしてお金を得なければ生きて行けないというような訴えが為されていた。彼らは大変な状況の中で城壁再建工事に関わっていたわけだが、問題は、食物やお金に困窮しているということだけではなく、彼らが誰に対して訴えていたかということです。

 

 彼らは誰に対して訴えていたのか?「ときに、民とその妻たちは、その同胞のユダヤ人たちに対して強い抗議の声をあげた。」(V1)とあるように、彼らは、同胞のユダヤ人たちに対して訴えていたのです。彼らは城壁再建工事という重要な働きを行なっているのにも関わらず、彼らに、外からの妨害行為だけでなく、彼らの内からも工事を妨げるような問題が起きて来たのです。それも、同じユダヤ人同士の中で、一方が他方を抗議する、それも強い抗議の声を上げるというような、へたをすると一致が失われ、内部崩壊してしまうようなことが起きたのです。そのため、それを聞いたネヘミヤは、「私は彼らの不平と、これらのことばを聞いて、非常に怒った。」(V6)とある。誰に対して、何を怒ったのか?―それは当然、そのように抗議の声を上がる人たちに対してではなく、このように訴えをしなければならないことを起こした、その同胞のユダヤ人たちに対する怒りだった。

 

 この時、そのユダヤ人たちは何をしていたのか?

V7~Ⅴ8:「私は十分考えたうえで、おもだった者たちや代表者たちを非難して言った。『あなたがたはみな、自分の兄弟たちに、担保を取って金を貸している。』と。私は大集会を開いて彼らを責め、彼らに言った。『私たちは、異邦人に売られた私たちの兄弟、ユダヤ人を、できるかぎり買い取った。それなのに、あなたがたはまた、自分の兄弟たちを売ろうとしている。私たちが彼らを買わなければならないのだ。』すると、彼らは黙ってしまい、一言も言いだせなかった。」

 一部の「おもだった者」、「代表者たち」とは、身分があり、比較的裕福な人たちのこと。彼らは、何も無くて困窮している人たちや、畑や家はあっても食べる物がなく、そのために畑や家を抵当にしてお金を借り、食べ物を買わなければならない人たちや、ペルシャに税金を払うため、やはり畑やぶどう畑をかたにしてお金を借り、税金を納めなければならない同胞のユダヤ人たちに対して、「担保を取って金を貸している。」と責め、またそれだけではなく、奴隷として売られたユダヤ人を買い取らなければならないのに、反対に同胞のユダヤ人を、自分を富ますために異邦人に売ろうとしていると言って責めているのである。律法では、同胞のユダヤ人に対して、金銭の貸し借りや、奴隷として売買することに関して次のような教えがある。

レビ25:35~36:「もし、あなたの兄弟が貧しくなり、あなたのもとで暮らしが立たなくなったなら、あなたは彼を在住異国人として扶養し、あなたのもとで彼が生活できるようにしなさい。彼から利息も利得も取らないようにしなさい。あなたの神を恐れなさい。そうすればあなたの兄弟があなたのもとで生活できるようになる。」

レビ25:39~40:「もし、あなたのもとにいるあなたの兄弟が貧しくなり、あなたに身売りしても、彼を奴隷として仕えさせてはならない。あなたのもとで住み込みの雇い人としておらせ、ヨベルの年まであなたのもとで仕えるようにしなさい。」

 一部の裕福な人たちはこれらの律法を守らず、同胞のユダヤ人に対して憐れみを示すこともなく、利子や担保を取って異邦人に奴隷として売り、自分の懐を肥やしていたのです。ネヘミヤは、これらのことに対して、非常に怒ったのである。そして

V9~Ⅴ11:「私は言い続けた。『あなたがたのしていることは良くない。あなたがたは、私たちの敵である異邦人のそしりを受けないために、私たちの神を恐れながら歩むべきではないか。私も、私の親類の者も、私に仕える若い者たちも、彼らに金や穀物を貸してやったが、私たちはその負債を帳消しにしよう。だから、あなたがたも、きょう、彼らの畑、ぶどう畑、オリーブ畑、家、それにまた、あなたがたが彼らに貸していた金や、穀物、新しいぶどう酒、油などの利子を彼らに返してやりなさい。』」と言った。

◎ここに、今日のメッセージのポイントが3つある。

(1)使命の伴ったアイデンティティーに対して目覚めなければならない。

 ユダヤ人たちは、神を恐れ、神から与えられた律法を守ることにより、神の栄光を現わす民として神によって造られた。それが彼らのアイデンティティーであった。

イザヤ43:21:「わたしのために造ったこの民はわたしの栄誉を宣べ伝えよう。」

申命記4:5~6:「見なさい。私は、私の神、【主】が私に命じられたとおりに、おきてと定めとをあなたがたに教えた。あなたがたが、入って行って、所有しようとしているその地の真ん中で、そのように行うためである。これを守り行いなさい。そうすれば、それは国々の民に、あなたがたの知恵と悟りを示すことになり、これらすべてのおきてを聞く彼らは、「この偉大な国民は、確かに知恵のある、悟りのある民だ」と言うであろう。」

 ユダヤ人は、神の栄光を現わすために神を恐れて律法を守り、それによって異邦人から「さすがに神の民です。」と言われ、神の栄光を現わさなければならない神の民です。そのためにネヘミヤは、彼自身も彼の親戚も貧しい人たちに金を貸していたが、恐らくそれは、一部の人のように律法を守らず、利子や担保をとって貸すようなことではなく、律法に従った方法でのものだっただろうが、それでも彼は、それを帳消しにしようと言ったのです。そして人々に対して、「あなたがたも、きょう、彼らの畑、ぶどう畑、オリーブ畑、家、それにまた、あなたがたが彼らに貸していた金や、穀物、新しいぶどう酒、油などの利子を彼らに返してやりなさい。」(Ⅴ11)と言ったのです。つまり、そのように、

(2)みことばを実行しなければならない。

 私たちはみことばを聞くだけではいけない。学ぶだけではいけない。口にするだけでは、また教えるだけではいけない。みことばは実行されなければならないのです。それによって人々が、私たちが神の民であることを知り、神を崇めるようになるからです。

マタイ5:16:「このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」次に、

(3)互いを思いやる。愛することを実践しなければならない。

 彼らはこの時、みことばを守らないだけではなく、互いに対して思いやることも憐れむことも、愛することにも欠けていた。ネヘミヤの怒りはこのためにもあった。この時、彼らは何をしていたのか?―彼らは城壁再建という大切な工事をしている時、自分のことしか考えずに、自分の懐を肥やすことに一生けん命だった。神のみことばを愛することもなく、人を愛することもなく、自分のことに一生けん命だったのです。しかし、それでは工事は進められない。その工事が進められて完成するには何が必要だろうか?―協力し合うこと、一致すること、助け合うことです。働く人たちにはいろいろな人たちがいただろう。年取った人も若い人も、力のある人も無い人も、仕事の早い人も遅い人も、いろいろいただろうが、工事が完成するには、お互いに裁き合うことをせず、尊重し合い、認め合い、そして、彼らにとって唯一の目的である城壁再建のために互いに全力を尽くすことが必要であった。城壁が再建されて、神の栄光が現わされるために。

 パウロも私たちに対して、教会形成という城壁再建のために大切なことを語っている。ローマ12章で、教会にはいろいろな働きがあり、いろいろな立場、いろいろな考え、いろいろな人がいるということを語り、そういう中で、パウロはいくつもの大切なことを語っているのです。

ローマ12:10:「兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい。」

ローマ12:16:「互いに一つ心になり、高ぶった思いを持たず、かえって身分の低い者に順応しなさい。自分こそ知者だなどと思ってはいけません。」

※これによって、教会は形成されて行く、これによって城壁は再建されて行くのです。ネヘミヤは人々にそのように訴えると、彼らはこう答えた。

V12~Ⅴ13:「すると彼らは、『私たちは返します。彼らから何も要求しません。私たちはあなたの言われるとおりにします。』と言った。そこで、私は祭司たちを呼び、彼らにこの約束を実行する誓いを立てさせた。私はまた、私のすそを振って言った。『この約束を果たさない者を、ひとり残らず、神がこのように、その家とその勤労の実とから振り落としてくださいますように。このように、その者は振り落とされて、むなしいものとなりますように。』すると全集団は、『アーメン。』と言って、【主】をほめたたえた。こうして、民はこの約束を実行した。」

 彼らは「私たちは返します。」、「実行します。」と言って、その約束が実行されるように神の前で誓い、そして、「全集団は、『アーメン。』と言って、【主】をほめたたえた。こうして、民はこの約束を実行した。」(Ⅴ13)と言うのです。

※こうして、彼らの内からの問題は解決したのです。

【結論】

 私たちは、どういう使命を帯びていて、何者か?ということをもう一度覚えよう。私たちは、この地で神を礼拝し、福音を伝えて教会を形成するという重要な使命を帯びた神の民です。私たちはそれを何としても守り、実行して行かなければならない。そのためには、私たちはお互いに認め合い、裁き合うことなく尊重し合い、助け合って行かなければならないのです。このことを忘れず、これからの教会形成に励んで行こう。

―祈り―

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now