主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

Ⅱペテロ3:11:「このように、これらのものはみな、くずれ落ちるものだと

すれば、あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」

【タイトル】

「聖い生き方をする敬虔な人(8)―狭い門から入りなさい。―」

【序論】

 今日もまた、このみことばから始めて行く。このみことばの伝えるメッセージは極めて明確で、この世のすべてのものは、世の終わりが来ると、どんなものでも燃えて崩れ去り、消え去ってしまう。だから、そのようなものを頼りとしないで、神様がくださった聖さ、敬虔さを大切にして、ますますそのようにして生きて行こうではありませんか、と教えているみことばです。

 この世には、目には見えないけれども神の国とサタンの国がある。勿論、神の国の方がサタンの国よりも力があり、その支配と領域において遥かにまさっているが、しかし、イエス様が再臨されて千年王国が過ぎ去るまで、今の時も、サタンの国は地上にあって、さまざまな形で人々を、そして私たちをも食い尽くそうと働いている。Ⅰペテロ5:8bにある通り。

Ⅰペテロ5:8b:「あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。」

※こういう時代に生きている私たちだからこそ、ペテロは、この世と共に滅びることがないように、「あなたがたは、どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないことでしょう。」というのです。

 今日もう一度、神の民とされて神の国に生きている私たちに対し、この「どれほど聖い生き方をする敬虔な人でなければならないか」と言っていることについて、同じく神の民としてどのように生きて行ったらよいかを教えているマタイの山上の説教の個所からメッセージを語りたいと思う。マタイ7章では、相反する二つの事物を取り上げて、それを語っている。例えば、Ⅴ3~Ⅴ5:「兄弟の目の中のちり、自分の目の中の梁」、V6:「聖なるものと犬、真珠と豚」、Ⅴ13~Ⅴ14:「狭い門と広い門、いのちに至る門と滅びに至る門」、Ⅴ17~Ⅴ20:「良い木と悪い木、良い実と悪い実」、Ⅴ24~Ⅴ27:「岩の上に自分の家を建てた賢い人、砂の上に自分の家を建てた愚かな人」等、私たちに馴染のあるものです。今日はその中のV13~Ⅴ14、「狭い門と広い門」、聖書には「広い門」という言葉はなく、「滅びに至る門」という風になっているが、読めば分かるように、それは「狭い門」に対する「広い門」のことなので、このイエス様が語られた「狭い門と広い門」のメッセージについて取り次ぎたいと思う。

マタイ7:13~14:「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。」

【本論】

 聖書は私たちに対して、「狭い門から入りなさい。」と言う。何故か?―それは、広い門を通るならそれは滅びに至る道なので滅んでしまう。だから狭い門から入れと言う。しかし、不思議なことに聖書はその滅びに至る門に入る人が多いと言うのです。どうして滅びに至る門に人は多く入って行き、滅びに至る道に人が多いのだろう。聖書は、やはりその理由を明確に述べている。

V13b:「滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。」

※門は