主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ルカ10:25~37

【タイトル】

「あなたも行って同じようにしなさい。」

【序論】

 ある日本人留学生がアメリカのホストファミリーにお世話になっている時、ホストファミリーから教会に行くように誘われた。しかし、彼は2年間の滞在中一度も行くことはなかった。そんな彼が日本に帰ると、そこである人からイエス様の話を聞き、イエス様を信じるようになった。そのことを彼はかつてお世話になったホストファミリーの方に知らせるメールの中で、彼は彼らにこう書いた。「教会に来て下さいだけではなく、どうしてイエス様について話してくれなかったのですか?」と。

※人が救われるのは、イエス様を知り、イエス様を信じて救われる。教会に来ることによってでも、聖書を読むことによってでもない。何故なら、キリスト教というのは、イエス様との関係だからです。イエス様は言われた。

ヨハネ5:39~40:「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので、聖書を調べています。その聖書が、わたしについて証言しているのです。それなのに、あなたがたは、いのちを得るためにわたしのもとに来ようとはしません。」と。

 どんなに聖書を調べても、イエス様を信じなければ、人は永遠のいのちを得ることは出来ない。聖書が証言しているイエス様のところへ行くことが大切なのです。

◎今日は、この私たちがイエス様を信じて救われる「救いに至る信仰」について、もう一度、何が大切なのだろうかということを、聖書から一緒に考えて行きたい。

【本論】

 ある律法の専門家がイエス様に「何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることが出来るでしょうか。」(Ⅴ25)つまり、「どうすれば救われますか?」と訊ねた。それに対して、イエス様は次のように答えた。

V26~Ⅴ30a:「イエスは言われた。『律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。』すると彼は答えて言った。「『心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』、また『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』とあります。」イエスは言われた。『そのとおりです。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。』しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。『では、私の隣人とは、だれのことですか。』イエスは答えて言われた。」と言って、イエス様は有名な「良きサマリヤ人」の譬えを語り、その中の、強盗に襲われて半殺しの目に遭った人に遭遇した3人の人を取り上げ、その中で、「だれが、強盗に襲われた人の隣人になったと思いますか。」(Ⅴ36)と訊ねた。すると、初めにイエス様に質問した律法学者が、「その人にあわれみをかけてやった人です。」(Ⅴ37)と答えると、イエス様は彼に「あなたも行って同じようにしなさい。」(Ⅴ37)と言われた。

※ここに、この聖書と、この聖書が証言しているイエス様との関係で、私たちがイエス様を信じて救いに至るために必要な、大切な幾つのステップがある。「何と書いてあるか」⇒「どう読んでいるか」⇒「どう思うか」⇒「あなたも行って同じようにしなさい。」というステップです。私たちとイエス様との関係において、私たちが本当にイエス様を信じて救われるためには、正確に言うなら、救われていることが証しされるためには、行動が必要だというのです。