主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】

ネヘミヤ5:14~19

【タイトル】

「ネヘミヤ記(10)―ネヘミヤの総督としての覚悟―」

【前置】

 前回のメッセージを簡単に振り返る。ネヘミヤはエルサレムに帰還して城壁再建工事に着手したが、その工事に対して、そこに住み着いていたサマリヤ人やアラム人、またアラブ人たちの妨害に会うという問題に遭遇した。しかし、問題はそのような外部からの妨害という問題だけではなく、同胞のユダヤ人のうちからも発生した。それは、一部の裕福なユダヤ人や権力のある者が、貧しいユダヤ人や弱い立場のユダヤ人を搾取しているという問題であり、その問題によって肝心の城壁再建工事がストップせざるを得ないという状況に陥ったからである。ネヘミヤは、そのようなことは良くないことだと訴え、ネヘミヤ自身もいくらかの富を持つ立場にあったが、本来の城壁再建工事に人々が専念できるように、その富を放棄し、裕福な人々に対してもその富を放棄するように訴え、そして人々もそれに応えて実行した。それが先週までのところだった。この場合の富というのは、富に関する権威ということで、具体的には、ユダヤ人たちが同胞の間で貧しさのために貸し借りを行なった際の利子を取るということや、貧しさのために子供を奴隷として売り買いするというような律法に反すること、みこころに反することを止めようということです。

 さて、今日の個所には、それに続いてネヘミヤが城壁再建工事のために行なったことが記されている。何を行なったのか、早速見て行こう。

【本論】

Ⅴ14~Ⅴ15:「また、私がユダの地の総督として任命された時から、すなわち、アルタシャスタ王の第二十年から第三十二年までの十二年間、私も私の親類も、総督としての手当を受けなかった。私の前任の総督たちは民の負担を重くし、民から、パンとぶどう酒のために取り立て、そのうえ、銀四十シェケルを取った。しかも、彼らに仕える若い者たちは民にいばりちらした。しかし、私は神を恐れて、そのようなことはしなかった。」

 エレミヤはどの時点だか聖書にははっきりと明記されていないが、彼は城壁再建工事中のどこかの時点で、アルタシャスタ王からエルサレムを含むユダの地の総督として任命されたようである。彼はペルシャのシュシャンにいる時、アルタシャスタ王の命を預かる大切な役割の献酌官を勤めていたので、彼は王から高い信任を得ていて、そのため、彼はこの地をアルタシャスタ王に代わって治める総督として任命されたのです。そしてその間、総督としての手当て、報酬を得なかったとある。日本で言うならば、各都道府県の知事の職に当たるわけだから、そこそこの報酬であったはずだが、どうして受けなかったのかというと、前任の総督は立場を利用して、人々への負担を重くし、「パンとぶどう酒のために取り立て」つまり、自分たちの生活のための毎日食べる飲食物も提供させ、それだけではなく、名目ははっきり分からないが、「銀四十シェケルを取った。」とある。これは、毎日の食べ物と関連して、毎日40シェケル取ったと注解書にはあったが、1シェケルというのは、現在でもイスラエルで使われている通貨単位で、日本円に換算すると約30円。だから、現在の換算率で言うならば1,200円ということになり、当時の価値で言うならば、きっとそれよりももっと大きな価値ではないかと思うが、いずれにしても、前任の総督たちは地位を利用して私腹を肥やしていた。また彼らに仕えていた若い者たちも同じように「民にいばりちらした」、つまり、同じようなことをしていたというのである。

 ところが、ネヘミヤはそうではなかった。彼はそれまでの総督たちと同じように、立場と共に、そこそこの富もあった。人にお金や穀物を貸して上げるだけの豊かさがあった。だから、前任の総督たちと同じように、うまくやればもっと富も蓄積できたはずなのだか、どうしてしなかったのだろう?それだけではなく、報酬さえも受けようとしなかったのだろうか?それは、「私は神を恐れて、そのようなことはしなかった。」(Ⅴ15)とあるように、神を恐れていたからです。彼は前の個所で、人々が同胞の困窮している人々に対して利子を取ってお金を貸したり穀物を貸したりしているのを知った時も、彼はこう言って、それを止めようと言った。