主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】

マルコ1:14~15

                                       

【タイトル】

「クリスチャンとしての私たちの公生涯の務め」

【序論】

 Ⅴ15のみことばは、イエス様が公生涯に入って最初に語られた宣教開始の言葉で、イエス様はここで語られていた通りの公生涯を送られた。それは、「神の国が近くなった。」とあるように、神の国のことを語り、神の国を目で見えるように、耳で聞こえるように、手で触れることが出来るように現わされたからです。イエス様はそのような公生涯を送られたのです。

 先週金曜、阿部首相の首相辞任の発表があった。言い換えるなら、首相という公的職務から退くという「公生涯からの辞任」と言ってもいい。私たちの場合はどうだろうか?

※私たちはイエスキリストを信じる信仰によって罪赦され、贖われ、言い換えるなら、それまで仕えていたこの世にではなく、神の国に仕える者として、神の国のために働く者となった。贖われて主人替えとなり、神の国のために生きることが私たちの公生涯になったのです。

 今日は午後、下期総会が開かれて、教会の今後の歩みについて大切な話合いがある。なので、今朝はもう一度原点に帰り、私たちクリスチャンとして、神の国のために生きる者としての生涯を「クリスチャンとしての公生涯」と呼ぶことが出来るなら、その公生涯の姿、務めについて、イエス様が公生涯の初めに語られたメッセージから学んで行きたい。

【本論】

 このイエス様のみことばには3つのメッセージがある。

(1)「時が満ち」

 私たちの人生は、時間というものによって作られている。その時間の流れによって出来ている。そして、その時間には2種類の時、時間がある。クロノス:この世の時間。時計で表される時間と、カイロス:特定のあることのために定められた特別な時間、時期、シーズンである。何か特別なことがあったとき、「まさに今がその時だ。」とよく言うが、そのような時を指す。例えば、今回の安倍首相の突然の辞任に関して語った「今がその時だと思った。」という「時」がカイロスである。そのように、私たちの人生には、「今しかない。」という時があるものである。何か重要な決断をするとき、例えば、結婚、仕事を変えること、住む場所、家を変える等、何か重要なことを決める時、「今がその時だ。」と言う時があるものである。それがカイロスです。

 この「時が満ち」の「時」もカイロスで、これはイエス様御自身が「神の国が近くなった。」と語ったように、神の国をもたらすキリストとして出現した時が満ちたと語っている所なのである。聖書は、イエス・キリストの誕生、出現について、その時を定めて、旧約聖書の中で預言されている。よく知られているのがダニエル9:24~26です。

ダニエル9:24~26a:「あなたの民とあなたの聖なる都については、七十週が定められている。それは、そむきをやめさせ、罪を終わらせ、咎を贖い、永遠の義をもたらし、幻と預言とを確証し、至聖所に油をそそぐためである。それゆえ、知れ。悟れ。引き揚げてエルサレムを再建せよ、との命令が出てから、油そそがれた者、君主の来るまでが七週。また六十二週の間、その苦しみの時代に再び広場とほりが建て直される。その六十二週の後、油そそがれた者は断たれ、彼には何も残らない。」

 「引き揚げてエルサレムを再建せよ、との命令が出てから、油そそがれた者、君主の来るまでが七週。また六十二週の間」は、一般には、アルタシャスタ王のエズラに対して出された命令により、エズラがエルサレムに帰還した年、BC457年を指す。それから「7週+62週」=69週×7年=483年を考えると、AD26年で、イエス様が公生涯に入られた年に当たる。イエス様の誕生はBC4年でもあり、30歳で公生涯に入られたというから、計算が合う。いずれにしても、旧約聖書の中ではイエス様の出現、メシヤ、キリストの出現について預言され、神様によってその時が定められていたので、パウロもその定められたイエス様の出現の時について次のように言っている。

ガラテヤ4:4:「しかし定めの時が来たので、神はご自分の御子を遣わし、この方を、女から生まれた者、また律法の下にある者となさいました。」

 このようにして、メシヤでありキリストであるイエス様は、神様の定めの時、カイロスが満ちたので、人の子として、私たちを救うために来られ、油注がれたメシヤとしての公生涯を始められた。そのことをイエス様御自身で、「時が満ち」と言われたのである。次に、

(2)「神の国は近くなった。」とあるように、神の国のことを語り、神の国のことを現わされた。イエス様の公生涯の務めは神の国をこの世に現わすことだった。それは具体的には、この後福音書にずっと記されているように、メシヤとして権威ある言葉を語り、メシヤとしての権威を持って病人を癒し、悪霊から人々を解放する働きだった。

マルコ1:21~28:「それから、一行はカペナウムに入った。そしてすぐに、イエスは安息日に会堂に入って教えられた。人々は、その教えに驚いた。それはイエスが、律法学者たちのようにではなく、権威ある者のように教えられたからである。すると、すぐにまた、その会堂に汚れた霊につかれた人がいて、叫んで言った。『ナザレの人イエス。いったい私たちに何をしようというのです。あなたは私たちを滅ぼしに来たのでしょう。私はあなたがどなたか知っています。神の聖者です。』イエスは彼をしかって、『黙れ。この人から出て行け。』と言われた。すると、その汚れた霊はその人をひきつけさせ、大声をあげて、その人から出て行った。人々はみな驚いて、互いに論じ合って言った。『これはどうだ。権威のある、新しい教えではないか。汚れた霊をさえ戒められる。すると従うのだ。』こうして、イエスの評判は、すぐに、ガリラヤ全地の至る所に広まった。」

 権威、力だけではなく、憐れみをもって人々に仕える働きだった。

マルコ1:40~42:「さて、ツァラアトに冒された人がイエスのみもとにお願いに来て、ひざまずいて言った。『お心一つで、私をきよくしていただけます。』イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。『わたしの心だ。きよくなれ。』すると、すぐに、そのツァラアトが消えて、その人はきよくなった。」

※イエス様はメシヤとして、このように権威と憐れみをもって力強い働きをされ、神の国を現わされた。それは、それまで悪魔に支配されている人々を、その支配から解放し、神の国に入らせるための霊的戦いの働きでもあった。しかしそれは、ただ力だけではなく、愛と憐れみによる働きだった。

※福音宣教というのは、ただ言葉だけを語るのではなく、悪魔と神の国との戦い、闇と光の戦い、霊的戦いなのだということを知ることは重要です。イエス様は福音宣教命令を語られた後、次のように言われた。

マルコ16:15~20:「それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。信じてバプテスマを受ける者は、救われます。しかし、信じない者は罪に定められます。信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。」主イエスは、彼らにこう話されて後、天に上げられて神の右の座に着かれた。そこで、彼らは出て行って、至る所で福音を宣べ伝えた。主は彼らとともに働き、みことばに伴うしるしをもって、みことばを確かなものとされた。」

 そして3番目;

(3)「悔い改めて、福音を信じなさい。」とあるように、悔い改めを迫る働きであった。

 「悔い改め」とは、メタノイア=「メタ」:変える+「ノイア」:思い、思考、そして思考から来る生き方のこと。この時イエス様は人々に、彼らのどんな思い、思考、それから来る生き方を変えるようにと迫ったのか?―それは、彼らは長らくパリサイ人や律法学者、祭司たちによってモーセの律法を宗教的に、「こうしてはならない。ああしてはならない。或いは、こうしなければならない。ああしなければならない。」というように、宗教的束縛の下に生きていた。またローマ帝国の支配に在って、政治的にも自由のない世界に生きていて、そういうものだと思っていた。そして、彼らはメシヤが現れても、そのようなローマの圧政から救い出して下さるメシヤだと考えていたからである。彼らは古い人間的な考え方に縛られていて、「そういうものだ。」と考えて生きていたのである。聖書が伝える神の国がどういうものであるのかも分からず生きていたのです。

 そこにイエス様が現れて、パリサイ人たちが、「今日は安息日だから何もしてはならない。」と命じても、病人を癒し、悪霊を追い出し、人々を彼らの古い考え方、人間的に縛られた生き方から解放され、そして、神の国=神の御支配が来たのだから、その神の国の御支配、力を信じて、そして生きるようにと教えられたのである。マタイ6章の、空の鳥の話も地のゆりの話もそのためです。イエス様は人々に、この豊かな力強い神の国とその義を第一に求めて、それに信頼し、それによって生きるようにと教えられたのである。

※それが「神の国が近づいた。」というメッセージです。イエス様は単に言葉だけではなく、愛と憐れみ、力、しるし・不思議をもって、神の国の到来を現わされたのである。

 そしてイエス様は十字架に架かり死んで墓に葬られ、3日目によみがえり、そして天に帰られて、ペンテコステの日に約束通り聖霊を送られ、私たちを証人として地の果てまで遣わされた。それは、私たちも同じようにイエス様が語られたことを語り、為されたわざを行なうためでした。すなわち、3つのメッセージを語ること、そして、イエス様が為されたように神の国を現わすこと、それが私たちの公生涯としての務めです。

ヨハネ14:12:「まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じる者は、わたしの行うわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行います。わたしが父のもとに行くからです。」

【結論】

 だからそのためにも、先ず私たち自身がこのみことばを受け留めよう。①時が満ちたこと。②神の国が近づいたこと。③だから、悔い改めて=思いや考え、生き方を変えて、「神の国が近づいた」という福音を信じよう!

―祈り―


これまでのメッセージ

© 2015-2020 by Sunrise Christian Center Misato Yoshikawa Church

大きな幻を持ち、小さいことにも忠実に、・・・主の愛に生きる教会

 Big enough to vision and small enough to care, ...living in the love of our Lord.

  • Twitter Social Icon
  • c-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now