2021年 1月10日(日) 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】

イザヤ60:1~3:

​【タイトル】

「起きよ。光を放て。」

【序論】

 イザヤ書56~66章は、バビロン捕囚解放後のイスラエルの民に対する終末の回復の預言です。バビロンから救われ、ゴールとして神様はイスラエルの民をどのような姿に変えて下さるのか、それはまた、今日

の世に生きる私たちに対しての預言、ゴールとしての姿を教えてくれるところでもある。先週学んだように、その時が来ると、私たちはゴールである新しいエルサレムの姿に変えられ、神の栄光を反映させて永遠に生きるということを預言しているところです。だからこの預言は、私たちの救いが達成した時の、また、達成に至るための預言であると言える。

 何故、「達成した時の」というのと「達成に至るための」という二つのことを言うのかというと、そこには私たちの救いに、完成したという過去の出来事という意味と、救われつつあるという現在進行形の出来事という二つのことがあるからです。Ⅱコリント5:17のみことば、「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」にはその二つのことがある。「古いものは過ぎ去り」は一度限りの過去のこと、「すべてが新しくなりました。」は現在進行形の救われつつあるということです。そして今日の個所でも、未来のことではあるがその二つのことが語られている。今はこうだけれども、その時、救いの完成の時が来るなら、完全に完了したものとしてこうなるというメッセージなのです。では、どういうことなのか、今日のみことばを見てみよう。

【本論】

 主は「起きよ。光を放て。」と言う。これは今日のメッセージテーマになっているように、この個所での重要な命令の預言です。この命令の言葉を実行するなら、この後の2節、3節の神の預言の言葉が、また60章すべての神の預言が成就するというほど、重要な神の言葉なのです。では、「どういう状態から起きて、どういう光を放て。」と言っているのだろうか!―この個所を抄訳聖書で見ると、「あなたを制している抑鬱と衰弱から、新しいいのちに満たされて起きよ。そして、主の栄光を反映させながら輝け。」となっている。この預言の言葉は、バビロン捕囚から解放され、エルサレムに帰還し、神殿と町が回復した後のイスラエルの民に対して語られた言葉です。

 当時のイスラエル人は、捕囚以前のような偶像礼拝(カナンの地に古くからあったバアルやアシュタロテの偶像を造り、それを拝むというような分かりやすい形での偶像礼拝をするようなことはもうなく、それらの偶像礼拝からは完全に離れていた。また捕囚以前のように、アッシリヤやアラムやエジプトと言った強国、隣国に挟まれている中で、戦争など自国の身が危うくなるような事が起きた時に、神に頼ることなく、その都度に、時にはアッシリヤ、時にはアラム、またエジプトにというように、神にではなく人に助けを求めるというような偶像礼拝からも離れていた。この「離れる」というヘブル語の言葉、パールーシュから、この時代の後期に現れて来るパリサイ派と呼ばれる人たちが誕生したのだが、その彼らの信仰が当時の霊的状態をうまく表していて、そのような霊的状態だったから、この預言の言葉が語られたのである。彼らの霊的状態は、律法には熱心だけれども、その信仰は形式的で、その信仰にはいのちがなく、霊的に死んだ、霊的暗闇の深い状態だった。だからイエス様はパリサイ人を指して、こう言った。「わざわいだ。(忌まわしいものだ。)偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは白く塗った墓のようなものです。墓はその外側は美しく見えても、内側は、死人の骨や、あらゆる汚れたものがいっぱいです。そのように、おまえたちも外側は人に正しく見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです。」(マタイ23:27~28)と。当時のイスラエルの民の状態も、正にこのような状態だったので、だからイザヤは預言して、抄訳聖書が言うように、「あなたを制している抑鬱と衰弱、弱っている状態=つまり、霊的暗黒の状態から、新しいいのちに満たされて起き上がりなさい。そして、主の栄光を反映させながら輝きなさい。」と命じたのです。

 何故、霊的に死んだ状