2021年 1月31日(日) 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ネヘミヤ8:13~18:


【タイトル】

「私たちにとっての仮庵の祭り」

【序論】

 前回はネヘミヤ7:72b~8:12から、エズラたちによる律法の

解き明かしにより、バビロン捕囚から解放された人々は神との出会いを

体験し、それによる礼拝生活の回復が始まったことを語った。今日はそれに続いて、やはり律法により彼らは仮庵の祭りのことを知るが、彼らはそれを喜びをもって行なったとある。どうして彼らはそれを喜びをもって行なったのか、その理由と、この仮庵の祭りが持つ今日的意味、つまり、私たちにとっての仮庵の祭りとは何なのかについてメッセージを取り次ぐ。

【本論】

(1)何故彼らは仮庵の祭りを喜んだのか?―それを考える前に、先ずイスラエルには律法によって定められた7つの祭りがあり、その中でも重要な3つの大きな祭りあることを確認しよう。

①過越しの祭り(ペサハ)

レビ23:5:「第一月の十四日には、夕暮れに過越のいけにえを【主】にささげる。」

 第一の月というのはニサンの月、太陽暦の3月~4月で、イスラエル人たちがエジプトでの奴隷状態から解放される時に過越しのための子羊がささげられ、それによって彼らがエジプトから出ることが出来たという出来事を覚えて、毎年3月~4月の頃に行なわれる。因みに、今年は3月27日である。「過越し」とはもう知っているように、屠られた子羊の血がかもいに塗られたイスラエル人の家は過ぎ越され、そうではないエジプト人の家の初子が、人の子も家畜の子も殺され、その災いの結果としてイスラエル人たちがエジプトを出ることが出来たという歴史上の出来事のことです。そのことを記念して彼らは過越しの祭りを行なう。その前後のことについては、詳しくは出エジプト12:1~14にある。そして、これは今日の私たちにとっては、屠られた子羊としてのイエス様の十字架の贖いによる私たちの罪の赦し、罪からの解放、救いを意味する。

②五旬節の祭り(シャブオット)

レビ23:15~16:「あなたがたは、安息日の翌日から、すなわち奉献物の束を持って来た日から、満七週間が終わるまでを数える。七回目の安息日の翌日まで五十日を数え、あなたがたは新しい穀物のささげ物を【主】にささげなければならない。」