2021年1月24日(日) 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書箇所】

マタイ3:1~12

​【タイトル】

「終わりの時代の聖霊と火とのバプテスマ」

【導入】

 コロナの状況は依然として厳しい状況にあり、変異ウィルスも生まれてより感染しやすくなった。私たちはこのような状況、大変な時をどう見たらよいだろうか?―ダビデは、彼の生涯でさまざまな苦しみ、試練

に遭った。そんな中で彼はこんな言葉を残している。​

詩篇119:71:「苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。私はそれであなたのおきてを学びました。」​

 「おきて」とは、直接的には「戒め」、また「教え」のことだが、ここでは、そこに示されている神様の御心のことです。ダビデはここで、「私は苦しみにあったけれども、それで私はあなたの御心を知った。だから私は幸せです。」と言っている。私たちは今日のこのような状況にあって、このように言えるだろうか?―今日はそのようなことを考えながら、私たちの人生には苦しみや試練があるが、その苦しみ、試練の意味を考えながら今日のメッセージを取り次いで行きたい。

【本論】

 バプテスマのヨハネはイエス様の公生涯の最初のメッセージのように、天の御国が近づいたから、つまり、終わりの時代の審判の時が近づいたから「悔い改めなさい。」と語った。これは、今日の私たちにとっても非常に重要なメッセージである。「悔い改め」というのは、以前語ったように、「メタノイア」(メタ=変える、ノイア=思い、考え)=「思いを変える」ということ。ヨハネはそのことを語りながら、人々に水のバプテスマを授けていた。ところがそこにパリサイ人やサドカイ人が大勢バプテスマを受けに来たので、ヨハネは彼らにこう言ったのです。​

Ⅴ7b~Ⅴ12:「『まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。『われわれの父はアブラハムだ。』と心の中で言うような考えではいけない。あなたがたに言っておくが、神は、この石ころからでも、アブラハムの子孫を起こすことがおできになるのです。斧もすでに木の根元に置かれています。だから、良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。私は、あなたがたが悔い改めるために、水のバプテスマを授けていますが、私のあとから来られる方は、私よりもさらに力のある方です。私はその方のはきものを脱がせてあげる値うちもありません。その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。手に箕を持っておられ、ご自分の脱穀場をすみずみまできよめられます。麦を倉に納め、殻を消えない火で焼き尽くされます。』」​

 「悔い改めにふさわしい実」とは、思いや考えを変えた結果、生き方の上に現れる行ないの実です。またそれは御霊の実と言ってもよい。御霊の実というのは、私たちが悔い改めてイエス様を信じた結果、私たちが語る言葉の中に、私たちが行なう行ないの中に、御霊が結ばせて下さる実です。「愛、喜び、平安、...。」みな、そうです。昨日のTVライフラインで、ゲストの森祐理さんは、「歌いつつ歩まん」の賛美は自分の人生のテーマソングだと言い、出だしの「主にすがる我に悩みはなし」について話された。「主を信じたら、何があっても悩まない」ことだと。そうです!もし悩んでいるならそれは言動一致しないので、悔い改めの実を結んでいるとは言えないから、イエス様からこう言われるだろう。「悔い改めにふさわしい実を結びなさい。」と。​

 この時イエス様がパリサイ人やサドカイ人に、「それなら、悔い改めにふさわしい実を結びなさい。」(Ⅴ8)と言われたのも、彼らは悔い改めに相応しい実を結んでいなかったからです。彼らにとっての悔い改めに相応しい実とは、「『まむしのすえたち。だれが必ず来る御怒りをのがれるように教えたのか。」(Ⅴ7)と言っているように、彼らには聖書(旧約聖書)を通して、終わりの時代には、「神のみ怒り」つまり、「終わの日の裁き」が必ず来ることが教えられていたのに、それに対する備え、相応しい生き方をしていなかったからです。では、その「終わりの日の裁き」とは?―それは、「斧もすでに木の根元に置かれています。だから、良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。」(Ⅴ10)にある、「良い実」=「悔い改めに相応しい実」を結ばない者はみな、火に投げ込まれると言う裁きです。この裁きは、「殻を消えない火で焼き尽