2021年2月7日(日) 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

使徒の働き3:1~21

【タイトル】

「神は万物を新しくする。あなたを新しくする」

【本論】

 今年私たちは、「見よ。わたしは、すべてのことを新しくする。」

(黙示20:5)というみことばから、「神がすべてのことを新しくされる。」ということに目を留め、この年を始めた。この「すべてのこと」とは何か?―神様は「何を新しくする」と言われているのか?―それは昨年から語られている「時が来ると、この天と地は滅びるが、その後に新しい天と新しい地がやって来るという天と地のことだが、ここで見落としてはならないことは、その天と地の中に私たちが含まれているということです。神はこの天と地と共に私たちも新しくしようとされているのです。

 聖書は創世記から始まり黙示録で終わるが、その創世記の中で、この天と地、万物の創造が記され、そして一番最後に人間の創造が記された。しかし聖書が記しているように、神が最後に造られたアダムは7日目、神がすべての創造のわざを終えて休まれた聖なる安息の日に、神が禁じられた善悪の知識の木から実をとって食べ罪を犯してしまった。その結果、万物が罪の呪いの下に置かれ、神との関係=安息=シャローム=平安を失い、その神との関係である永遠のいのちをも失ってしまった。私たちは聖書から「永遠のいのち」という言葉を聞くが、永遠のいのちというのは、いつまでも生きると言うことではなく、それは結果であり、本質は神との関係です。私たちは神との関係を持っているから永遠のいのちを持っているのであり、神との関係を失えば永遠のいのちをも失うのです。そのようにして、私たちはアダムの罪の結果、安息を失い、神との関係、永遠のいのちも失った。それは、ローマ5:12に記されていることでもある。

ローマ5:12:「そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界に入り、罪によって死が入り、こうして死が全人類に広がったのと同様に、──それというのも全人類が罪を犯したからです。」

 しかし、神はアダムを、また私たちを愛しておられるので、御子を遣わして私たちを贖って下さった。それが十字架と復活による私たちの救いです。しかし、それが神の最終的なゴールではない。神は私たちと共に、失われた万物との関係を回復されようとしているのです。「すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。」)(Ⅱコリント5:19)とあるように、それは、「神との和解」でもある。神はそれを実現しようとされている。それが次のように、今日の聖書箇所の最後に語られていることでもある。

使徒3:20~21:「それは、主の御前から回復の時が来て、あなたがたのためにメシヤと定められたイエスを、主が遣わしてくださるためなのです。このイエスは、神が昔から、聖なる預言者たちの口を通してたびたび語られた、あの万物の改まる時まで、天にとどまっていなければなりません。」

 ここで明らかなように、その回復はキリストの再臨によってもたらされる。その時が来れば、キリストは来られてすべてを新しくされます。その時のことを、ここでは「主の御前からの回復の時」、「万物の改まる時」と言っている。これは、すべてが新しくされる時のことです。新改訳の「万物の改まる時」また、「主の御前からの回復の時」が、それぞれ口語訳とリビング・バイブルで次のようになっている通りです。

(口語訳)Ⅴ21:「このイエスは、神が聖なる預言者たちの口をとおして、昔から預言しておられた