2021年4月11日(日) 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

マルコ2:1~12

​【タイトル】

「神は新しいことをする。」

【本論】

Ⅴ1:「数日たって、イエスがカペナウムにまた来られると、家におられることが知れ渡った。」

 「数日たって」とは、いつの時点からのことか?―それは、前の章のイエス様の公生涯の開始、即ち、バプテスマのヨハネからヨルダン川で洗礼を受け(Ⅴ9)、福音宣教の開始を宣言され(Ⅴ14~Ⅴ15)、ペテロやアンデレ、ヨハネやヤコブ等の弟子を召し集め、最初にガリラヤ湖のほとりのカペナウムの町に行って会堂に入って教え始められ、そこで悪霊追出しをし(Ⅴ21~Ⅴ27)、ペテロの家に行って、姑が熱病で寝ていたので彼女を癒し(Ⅴ29~Ⅴ31)、カペナウム中からやって来た病人や悪霊に憑かれていた人たちを癒し、また悪霊追出しをし、そして、その後はガリラヤ中を巡って会堂で教え、同じように悪霊追出しや病気の癒しをされ(Ⅴ32~Ⅴ34)、そして、ひとりのらい病人を癒し(Ⅴ40~Ⅴ44)、続けてガリラヤ地域を巡られ、そして、最初に働きを始められたカペナウムに戻ってこられた。「数日たって」というのは、その時のことである。

 イエス様はカペナウムに戻られると、ある一軒の家に入られた。すると、また多くの人々が集まって来た。この一軒の家とは、イエス様によって召された弟子のペテロとアンデレの家ではなかったかと言う。イエス様はこの地方で伝道する時は、カペナウムを中心にして働かれていたので、彼らの家を拠点していたと言われているからである。さて、そうすると、そこに一人の中風の人が四人の人に担がれてやって来た。「かつがれて」と言っても、「背負われて」という意味ではなく、この後、彼は床に寝かせられたまま、この家の天上から吊り下ろされたと記されているので、彼らは床の四隅を持って連れて来られたということでしょう。そうして、彼が天井から床に伏したまま吊り降ろされて来ると、イエス様は彼にこう言われた。「子よ。あなたの罪は赦されました。」(Ⅴ5)と。そうすると、そこにいた律法学者たちが心の中でこんな理屈を言ったと言う。「この人は、なぜ、あんなことを言うのか。神をけがしているのだ。神おひとりのほか、だれが罪を赦すことができよう。」(Ⅴ7)と。この理屈は、ある意味では尤もなものだと思う。何故なら、彼らはイエス様が神の子であり、救い主、癒し主であることを知らなかったからです。

 では、もしここにクリスチャンである私たちが居たとしたらどうだろう。きっと私たちも別の意味で理屈を言ったのではないかと思う?どんな理屈か?―それは、イエス様は中風の人に、「子よ。あなたの罪は赦されました。」と言われたが、彼は私たちの救い時のように、「口でイエスを主と告白し、心で、神様はイエス様を死者の中からよみがえらせてくださった。」(ローマ10:9)わけではないからです。だから、どうしてイエス様はこの人に、「子よ。あなたの罪は赦されました。」と言ったのかと、私たちの持っているクリスチャンとしての理屈で呟いたことだろう。

※ここに、聖書を神の言葉として信じる「聖書信仰」の大切なポイントがある。私たちの聖書信仰とは、聖書に書かれている文字としての一語一句を神の言葉としているわけではない。言語や翻訳の違いという意味ではなく、仮令この聖書に文字で書かれていなくても、そこには御霊によって語られた神の言葉がある。「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」(Ⅱテモテ3:16)とか、「神は私たちに、新しい契約に仕える者となる資格を下さいました。文字に仕える者ではなく、御霊に仕える者です。文字は殺し、御霊は生かすからです。」(Ⅱコリント3:6)とはそのことを言う。

 神は御霊により、聖書を通して、文字としての神の言葉ではなく、神の生ける言葉を私たちに語ってくださるのです。言葉は神そのものだから、聖書を信じる、神の言葉を信じるということは、神そのものを信じるということなのである。それが聖書信仰の中心です。御霊によって、聖書を、神の言葉を、イエス様御自身を信じるのです。それが聖書信仰です。だから、一人の中風の人が四人の男に運ばれて来たとき、「イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、『子よ。あなたの罪は赦されました。』と言われた。」(Ⅴ5)のです。彼らには中風の人も含めて、イエス様に対する信仰があった。