2021年4月25日(日) 主日礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ネヘミヤ11:1~3a

​【タイトル】

「ネヘミヤ記(18)ー教会を真に形造るものー」

【序論】

 この個所は、昨年のネヘミヤ記の学び(13)で触れたように、ネヘミ

ヤ記7:4の続きの個所に当たる。ネヘミヤ記7:1~4では、ネヘミヤ達の働きによって城壁再建工事は完了したものの、そこに住む人はまだ少なく、そのために神がネヘミヤの心を動かし、完成した城壁内に住む人たちを集め、住民登録をし、都の防備を図ろうとした、ということだった。​

 今日はその続きであって、そのために、いかにまだ閑散としていた城内に人々が集められ、その都の中での共同体が形成されて行ったのかということを見ることを通し、私たち信仰共同体としての教会の形造りのあり方を学んで行きたいと思う。

【本論】

Ⅴ1~Ⅴ3a:「民のつかさたちはエルサレムに住んでいたが、ほかの民は、くじを引いて、十人のうちからひとりずつ、聖なる都エルサレムに来て住むようにし、あとの九人をほかの町々に住まわせた。すると民は、自分から進んでエルサレムに住もうとする人々をみな、祝福した。エルサレムに住んだこの州のかしらたちは次のとおりである。」

 Ⅴ3の「エルサレムに住んだこの州のかしらたちは次のとおりである。」とは、Ⅴ4~Ⅴ24で名前が上げられている、エルサレムに住んだ人々のことである。少しずつ見て行きたいと思う。

Ⅴ4~Ⅴ6:「ユダとベニヤミン族のうちのある者は、…。エルサレムに住んだペレツの子孫は合計468名の勇士であった。」

 ここでは先ずユダ族の主だった人の名が上げられ、そこに住んだ人々の数が468名だと記されている。そしてⅤ7~Ⅴ8では、ベニヤミン族の主な人の名前とその人数が記されている。

Ⅴ7~Ⅴ8:「ベニヤミン族では次のとおりである。メシュラムの子サル。このメシュラムはヨエデの子、順次さかのぼって、ペダヤの子、コラヤの子、マアセヤの子、イティエルの子、エシャヤの子である。彼の次には、ガバイとサライで、九百二十八名。」

 続いてⅤ10~Ⅴ24では、ユダ族、ベニヤミン族以外の、神殿で奉仕者として立てられているレビ人の主な人の名前と、神殿でどのような働き、奉仕に付いているかが記されている。

Ⅴ10:「祭司のうちでは、エホヤリブの子エダヤと、ヤキン、」

Ⅴ11:「神の宮のつかさ(祭司長のこと)」セラヤ、」

Ⅴ12:「...、宮の務めをする彼ら