2021年4月4日(日) イースター礼拝メッセージ:金子辰己雄師

【聖書個所】

ヨハネ2:13~22

​【タイトル】

「よみがえりのいのちによるキリストの教会」

【導入】

スライド:広島の原爆投下後1カ月後に咲いたカンナの写真。75年は草

木も生えないだろうと言われた被爆地に咲いた花。草木が持っている命の

力はすごい。しかし、それよりはるかにすごい命の力がある。イエス・キ

リストのよみがえりの力です。イエス・キリストはこう言われた。

ヨハネ11:25b~26a:「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。」

 きょうはこの「よみがえりのいのち」と私たちについて、特に、私たちは「キリストのからだ」と言われている教会でもあるので、キリストのよみがえりのいのちと教会との関係について、「よみがえりのいのちによる教会」というテーマで、御一緒に聖書から考えて行きたい。

【本論】

 イエス様が過越しの祭りに宮に入って行くと、宮の中で牛や羊、鳩を売っている人たちや両替人たちが商売をしていた。それでイエス様は牛や羊を宮から追い出し、両替人が商売していた台を倒し、鳩を売っている人たちに、「それをここから持って行け。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」(Ⅴ16)と言って、宮から追い出した。いわゆる「宮清め」と呼ばれていることを行なった。それを見て弟子たちは、「『あなたの家を思う熱心がわたしを食い尽くす。』と書いてあるのを思い起こした。」(Ⅴ17)とある。それは、詩篇69:9「それは、あなたの家を思う熱心が私を食い尽くし、あなたをそしる人々のそしりが、私に降りかかったからです。」という、ダビデが、後にイエス様の受ける苦しみやそしりを預言的に記したみことばです。何故弟子たちはこのように言ったのか、それは、イエス様が今しがた、神様に対する純粋な心(それをここでは「熱心」と表している)、その熱心さのために、平気で神殿で商売をしている人たちからイエス様がそしりを受けているのを見たからである。それは、この後実際に人々が、「あなたがこのようなことをするからには、どんなしるしを私たちに見せてくれるのですか。」(Ⅴ18)と言ってイエス様に詰め寄る行動をとっていることから分かる。そんな彼らにイエス様は、「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう。」(Ⅴ19)と答えられたのです。イエス様は、御自身が「三日でそれを建てよう。」と言った「神殿」のことは自分のからだのことであると、この後言っているが、この言葉の中に今日のメッセージのポイントがある。それは、教会とは十字架で死んで、その死からよみがえられたイエス・キリストのよみがえりのいのちによって建てられるものなのだということです。

※そうです!―教会とは、イエス様が十字架で死んだ後、三日目によみがえられたキリストのよみがえりのいのちによって建てられるキリストの体なのです。

 では、そもそも何故イエス様は十字架で死なれたのだろうか?それは聖書が明らかにしている。

<